恐怖症

うつ症状・不安障害・・・「人に聞けない心の病気!」
うつ症状・不安障害・・・
サイト紹介
Google

最近、働き盛りの人を中心に心の病にかかる人が増えています。
「心の風邪」と言われる”うつ症状”をはじめ、さまざまな心の病が働き盛りの心を蝕み、企業も対策に
乗り出し始めました。
あなたも、「気分が落ち込む、やる気が出ない、食欲がない、会社に行きたくない…」などの
症状を感じたことはないでしょうか?
今や、日本人の5人に1人はかかるとされる”うつ(鬱)”や、その他の心の病
それはもう気持ちの問題ではなく、現代社会のストレスが生んだ病気なのです。
心の病は、ある日突然襲ってくるので、少しでもおかしいと感じたら、あわてずに、
正しい理解と治療法などを知ることがが大切です。
当サイト「うつ症状?人に聞けない心の病」は、うつ症状や不安障害などの心の病を早期に発見
できるように、初期症状のサインや、治療のヒントなども紹介しています。

恐怖症

TOP>心の病 恐怖症
         
 恐怖症には、特定の条件で起こるものがあり、状況や人、動物、病気など特定の対象を怖がるのが恐怖症です。

 たとえば、動物、血、注射、エレベーター、飛行機、高い場所、刃物…など、ある物や物事に病的に恐れおののく症状です。怖いと感じる恐怖感は、頭では不合理だとわかっていても、自分でコントロールできません。
あまりに不安が強いために「気が狂ってしまうのでは」という気分になることもあります。

 からだのほうでも、動悸・発汗・ふるえ・呼吸困難感・あちこちの痛みなどを伴います。 しかし、症状が起こるのは特定の状況だけか、そのことについて考えるときだけで、あとはふつうに生活できます。その多くは子どもの頃から青年期にかけて現われ、男性より若い女性に多く見られます。

 また、外国人より内気で繊細な日本人に多く見られるのが対人恐怖です。
 
 大別すると、対人恐怖症、女性恐怖症、先端恐怖症)、高所恐怖症、閉所・広場・暗所恐怖症、単一恐怖症、不潔恐怖症などがあります。

 また、未成年者に多いのが、知らない少人数の中で他の人に注目されると恐怖を感じる社会恐怖症です。
他人との関係が希薄になっている現在だからこそ増えている障害とも言えます。

 この症状は、他の人には何でもないものが怖くて仕方がないという、正常な人には分からない神経症でもあります。

  その原因はさまざまですが、自分でもまったく気づかない他の心の葛藤や悩みが、別のものに置き換えられると考えられています。
 この障害は、子どもの頃に受けた心の傷が原因となっていることが多いようです。


対人恐怖

 人前に出たり話したりするときに、赤面する、からだや手がふるえる、自分の体臭・表情・視線などが気になるなどといった症状があらわれます。


広場恐怖

 雑踏、慣れない場所、自宅から遠く離れたところなどで恐怖感があらわれます。
パニック発作(身体症状を伴う突然の強い不安)が同時に起こることが多く、発作をくり返すうちに、そのような場所に出かけることを極度に恐れ、回避するようになります。


閉所恐怖・高所恐怖など

 広場恐怖と同じような症状が、エレベーター・乗り物・トンネル・高層ビルなど特定の場所で起こるものです。
 その他特定の動物を怖がる動物恐怖、がん・エイズなどを怖がる疾病恐怖、雷恐怖・暗闇恐怖など多くの種類があります。


 うつ症状?人に聞けない心の病 Contents

涙もろくなるため息ばかりつく

よく眠れない食欲が衰える痩せる・太る頭痛が続く微熱が出る口が渇く
胃がムカつくセックスができない

気分がすぐれないいらいらする否定的なイメージが支配的無力感におそわれる
節の変わり目に不調になる物忘れをしやすいとくに午前中の気分が悪い
不吉な予感がする将来に希望を持てない完璧でなければ気がすまない
不安で仕方がない考える力がなくなってきた集中力がなくなる思考が停止してしまう
なかなか決断できない

自分をつまらない人間だと思う自分を責めてしまう自分だけ取り残されたような気がする
悪いことが起こりそうな気がする人通りに行くのが怖い義務感が強すぎる
「全部ダメ」と考えてしまうマイナス思考になってしまう「ダメ人間だ」と思ってしまう
人から「悪く思われている」と考える申し訳ない思いがつきまとう

元気や意欲がわいてこない朝は気力が出てこない応答に時間がかかる
何もする気がしない関心がわいてこない 運転が乱暴になる会社に行きたくない
セックスに興味がなくなった

責任感を強く感じる完璧にしないと気がすまないさいなことに怒りを感じる
気持ちを伝えられない


 うつの症状とうつから抜け出す

これって、ひょっとしてうつ?
うつ病のことを正しく知ろううつ、こんな行動、こんな気分
うつ病の人の様子、周囲からどうみえる?
性格によって、なりやすいタイプがある
うつ病のきっかけとなるストレスうつ病の人の考え方の特徴

うつから抜け出すためののヒント
十分な睡眠で脳に休息をあたえよう自分なりの楽しみをみつけ、気分転換をはかろう
正しい食事を心がけよう治療中の飲酒は控えめにしょう思考を柔軟にしよう
人間関係がストレスにならないようにしようストレス耐性をつくろう体をリラツクスさせる

うつを治す病院
どの科にかかるか女性や子どもの場合どの科にかかる?
病院で医師に伝えることうつの診断基準DSM−W

うつと診断されたら
うつの経過パターン心と体を休める休養中は休むことが仕事

うつの治療法
薬物療法
薬を正しく使う抗うつ薬の作用抗うつ薬と抗不安薬
精神療法認知療法再発を防ぐ自殺を防ぐ自殺のサインを見逃さない


 最近増えている軽症うつ(プチうつ)

うつ病と軽症うつ(プチうつ)は、どこが違う?
一般のうつと症状が異なる軽症うつ(プチうつ)
軽症うつ(プチうつ)は骨折したまま動いている状態
対人恐怖と”休めない”ということで早期受診を逸す軽症うつ(プチうつ)



 潜在意識の活用でうつを克服する10の読む薬!!
                         (マーフィー博士の成功理論より)
  無限の力 潜在意識  奇跡は存在する 心の中の偉大な治癒力
  願望実現法 人生の良き技術者となるために 夢の実現
  生命の本質とは 富と成功を得る方法 あなたを資産家にする秘訣


心の病
 うつ病とは?
 うつの原因
 うつの種類
 うつになったら

 うつの初期サイン!!
   表情に現れるサイン
   身体の不調に現れるサイン
   気持ち・考えに現れるサイン
   ものの捉え方に現れるサイン
   意欲・行動に現れるサイン
   人間関係に現れるサイン
   性格に現れるサイン

 不安障害
   恐怖症
   脅迫性障害
   全般性不安障害
   急性ストレス障害(ASD)
   パニック障害 
   心的外傷後ストレス障害 
 統合失調症
 解離性障害
 睡眠障害
 摂食障害

児童期・青年期の心の病
 注意欠陥多動性障害(ADHD)
 アスペルガー症候群
 小児自閉症
 学習障害
 不登校
 引きこもり

更新情報
  うつのサイン8項目追加
  心の病で障害年金給付
  読む心の栄養剤
  うつ病のチェックリスト
  抑うつ症状・大うつ病
  ストレス予防のライフスタイル
  本との出会い
  うつの治療
  うつpartU
  うつから抜け出すために

 新型うつ病
 不安神経症


 当サイト・免責事項について
 リンクについて


 

Copyright (C) 〜うつ症状?人に聞けない心の病〜All Rights Reserved